ホワイトニングができない場合

どのような人が歯のホワイトニングが出来ないのでしょうか?
先ず、虫歯や歯の表面にヒビがある方は、ホワイトニングを受けることは出来ません。
ホワイトニングをする歯に大きな虫歯やクラックがあると薬剤が沁みてしまいます。
オフィスホワイトニングではその部分だけ薬剤を塗らずに施術できることもありますが、
ホームホワイトニングでは、自分で保護をするのが困難のため、事前に歯医者の診断を受けた後、ホワイトニングをしましょう
次に知覚過敏の方ですが、重度の知覚過敏がある場合は、痛いだけでなく、神経に悪影響を及ぼしていることもあります。
そのため、事前に歯科医によってしっかりとした診断を受けることが必要です。
基本的には過酸化水素は濃度が高いものほど沁みやすくなります。
そのため、濃度の低い薬剤を使用したり、染みにくくする成分を配合したホワイトニングをお勧めします。
また、妊娠・授乳中も方もホワイトニングはお勧めできません。
ホワイトニングの薬剤が妊娠中の方に悪影響があるという報告はありませんが、
安全であるとも言い切れないため、殆どの歯科医院では施術を避けるのが一般的のようです。

ホワイトニング用歯磨き粉で人気な商品を知りたいならコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です